皆さんの妊娠体験談を募集しています!
   詳細はこちらのフォームからお願いします。

妊娠超初期症状と基礎体温

やはり妊娠超初期症状として一番注目してしまうのは基礎体温ではないでしょうか?

特に長期間測り続けている方(+ある程度規則的な方)は自分のパターンが分かっているはずですので、ちょっと違う数値が続くと期待してしまいますよね?

私も、朝のあの瞬間、特に生理予定日が近づいてきた時の数日間はドキドキしたものでした。

本題に入る前に・・・
恐れ入りますがポチッと応援して下さると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

応援ありがとうございました^^


では基礎体温について・・・

「基礎体温の測り方」「基礎体温と排卵日」については下記の記事を読んで下さい。
基礎体温の測り方
基礎体温で排卵日がいつかを知る

では妊娠超初期症状と基礎体温についてです。

妊娠するとご存知の通り、高温期が続きます。

高温期は生理予定日を過ぎても続き、一般に規則的な周期の人が生理予定日を一週間過ぎても生理がこなかったら妊娠の可能性があると言われています。

でも妊娠を熱望している方は、生理予定日を一週間過ぎるまでなんて待てず、生理予定日の何日も前から気になって気になって仕方がないですよね。

私も何度もそういう経験をしているので、高温期のやり場の無い気持ちが良く分かります。


妊娠超初期症状とは、妊娠が成立しているからこそ感じる症状ですので、妊娠が成立しているはずが無い時(排卵日直後)などには症状が出るはずもありません。

妊娠が成立するには、排卵してから卵子が精子と出会い、受精をクリアして数日かけて子宮に辿り着き、そこでまた数日かけて着床が完了するというステップを踏まなければなりません。

どこか一つでも失敗すれば妊娠には至らず、全てうまくいったとしても、8日から10日ほどかかると言われています。

ですので、排卵日から一週間も経たないうちに、吐き気があったり胸の張りがいつもと違うと感じても、それが妊娠超初期症状である可能性はきわめて低いのです。

ということは・・・

基礎体温に変化が現れるのも、早くて排卵日から数えて一週間は先になるはずなんですね。

排卵日を2〜3日過ぎてソワソワするのは早すぎるのです。


私もそうだったので分かるのですが、妊娠した人の基礎体温がどうなのかとても気になると思いますが、これは気にしても本当に意味がありません。

何日目でちょっと下がっちゃった・・・と小さな数値の変動を他人と比較しても意味が無いのです。

ただ、高温期の後半がいつもの自分の数値よりも高いという時は気にする価値があります!

妊娠が成立していれば、その妊娠を維持するために、高温を持続させるホルモンが分泌されます。

そのホルモンは妊娠成立から少しずつ増えていき、やがて妊娠検査薬に反応を示すほどの量になっていきますから、高温期の後半が、「いつもよりも数値が高いな」と感じたら、それは妊娠超初期症状かもしれません。

私も実際妊娠した時は、2回とも高温期の後半がいつもよりも高い数値を示しました。

【私が妊娠した時の基礎体温はこういうグラフでした】

数値は他人と比べても余計なストレスになるだけなので、記載していません。

妊娠した時の基礎体温グラフ

どうでしょうか?
イメージがつかめたでしょうか?

なお妊娠した方全ての方がそうなるということではありませんのでご理解下さいね。

関連記事
基礎体温の測り方
基礎体温で排卵日がいつかを知る


リンク
化粧品・通販コスメの使い心地
Copyright (C) 妊娠超初期症状と基礎体温 | 妊娠超初期症状ってホントはどうなの?. All Rights Reserved.