皆さんの妊娠体験談を募集しています!
   詳細はこちらのフォームからお願いします。

基礎体温で排卵日がいつかを知る

基礎体温を測る目的の一つに、「排卵日がいつなのかを知るため」というものがあります。

妊娠を望む方にとってはこれが一番の目的とも言えるのですが、基礎体温がどうなった時に排卵されるのかを知らなくては測定の意味がありません。

ここでは基礎体温と排卵日について解説していこうと思います。

恐れ入りますがポチッと応援して下さると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

応援ありがとうございました^^


では基礎体温と排卵日について・・・


【基礎体温グラフの見方】

まずは28日周期の場合を例にとって見てみましょう。
ちなみに28周期というのは、生理が始まった日から、次の生理が始まる日の前日までが28日間のことを言います。

基礎体温グラフの例1

いつも28日周期の人で規則的な場合、生理開始日から数えて14日目頃が排卵日だと思われます。

上のグラフの様に、前半14日間が低温、後半14日間が高温になるのが理想で、それぞれ低温期、高温期といいます。

一般的に、低温期から高温期に移行する辺りで排卵されますが、排卵日に必ず上のグラフの様に一日だけガクッと下がるわけではありません

ガクッと下がらないから排卵してないと思って心配する人がいますが、これは全く気にしなくても大丈夫です。

また、高温期に移る時に一気に上がらないのを心配する人がいますが、なだらかに上がっても高温期の日数が9日以上あれば問題ないことがほとんどです。

ちなみに私の普段の基礎体温は下のグラフのような感じで、排卵日にガクッと下がることは滅多にありません。

妊娠した時の基礎体温グラフも、排卵日にガクッとは下がりませんでした。


基礎体温グラフの例2

基礎体温は日々の細かい変化を見るものではなく、低温層と高温層に分かれているか、高温期の日数が十分あるかどうかを見ます。

低温期の平均、高温期の平均共に個人差がありますので細かいことを気にしても意味がありません。


【基礎体温から分かること】

排卵されているかどうかが分かる
生理が来ない原因が無排卵なのかどうかが分かります。
また、生理が来ていても排卵されていないと妊娠できません。

ホルモン分泌に異常が無いか分かる
血液検査をしないと十分なことが分からない場合もありますが、ホルモンの分泌が正常かどうかが分かります。

よく高温期が短い人や高温期のグラフの形がM字型になる人がいますが、これは黄体機能不全を疑います。
中でも高温期が極端に短いというのは黄体機能不全の可能性が高く、ホルモンを補充するなどの治療が必要になることがあります。

今が生理周期のどの時期なのか分かる
周期のどこにいるかが分かると、あとどのくらいで生理が来るのかが分かるので予定が立てやすくなります。
生理の時よりも排卵日が辛い人、生理の時よりも生理前の方が辛い人などもいますので、あらゆる面で便利です。

また低温期から排卵日まではダイエット効果、美容効果が出やすい時期でもありますので、化粧品を変えたりするのに適している時期と言われています。




基礎体温を測ることで、ホルモンの分泌に異常がないかが分かります。
また、自分の生理周期がつかめるので予定も立てやすくなります。

低温期と高温期の境目のあたりで排卵されるので、妊娠しやすい日が分かります。
排卵日に必ず極端に体温が下がるとは限りません。

人によって低温期の平均、高温期の平均は違うので、気持ちは分かりますが「妊娠したかな?」と他人の数値と比較することはあまり意味がありません。

小さな数値の変動は気にしても無駄。
低温期と高温期の2層に分かれているかざっくり見ることが大切です。

関連記事
基礎体温の測り方
妊娠超初期症状と基礎体温


リンク
化粧品・通販コスメの使い心地
Copyright (C) 基礎体温で排卵日がいつかを知る | 妊娠超初期症状ってホントはどうなの?. All Rights Reserved.