皆さんの妊娠体験談を募集しています!
   詳細はこちらのフォームからお願いします。

着床痛の症状や時期

着床痛って聞いたことありますか?

医学的には無い言葉のようですが、着床する時に痛みを感じる人もいるということから、着床痛という言葉が存在します。

もっともココに辿り着いた方のほとんどはその言葉をご存知だとは思いますが^^

妊娠したいと願っている時は、少しの痛みも

「もしかしたら着床痛かな?」

と期待してしまいますよね。
そんな着床痛について、詳しく掲載していこうと思います。


恐れ入りますがポチッと応援して下さると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

応援ありがとうございました^^

では・・・


【着床痛ってそもそも存在する?】

着床痛という言葉は、医学的には何の根拠も無く俗説に過ぎないようですが、その痛みと思われる痛みを経験した人はたくさんいらっしゃるようです。

実は私も 「これはきっと!」 と思う痛みを、2度の妊娠どちらも経験しています。

こればかりは証拠の出しようがないので、絶対に着床痛だとは言えないかも知れませんが、私が着床する頃に感じた痛み、症状を詳しく説明します。

多少の個人差はありますが、排卵から一週間程で子宮に到達し、その後数日かけて着床を完了すると言われています。


【私の着床痛】

一度目の妊娠は、排卵日(タイミングをとった日から)一週間が過ぎた頃でした。

家事をしていて立っていたのですが、突然、下腹部の真ん中に刺さるような鋭い痛みを感じました。

まさに針が刺さるような 「チクーン」 とした痛みが、結構長く (1分間は無かったと思いますが長く感じました) 途切れることなく続きました。

「着床痛!?」 

と思いながら、カレンダーを見て、排卵日から一週間くらいだな〜と分かり、期待で嬉しい気持ちになりました。

それから数日間は、下腹部の真ん中がキューッ!キューッ!と収縮する痛みが時々ありました。

この収縮痛は生理痛よりも重苦しくなく、狭い範囲で収縮している様な、うまく表現できませんが、ドーンと重い痛みとは違いました。

よく言われるピンクの出血も、生理が始まりそうな茶色い出血も全くありませんでした。


そして、二度目の妊娠。

やはり同じように排卵日から一週間くらい経った頃、一回目よりも小規模な?痛みを感じました。

今度は 「チクーン」 ではなく、「チクチク!チクチク!」 という痛みが数回ありました。

その後はキューッと収縮するような痛みが無く、生理予定日間際になって、いつもの生理前の様な重たい痛みが腰まわりにありました。

茶褐色の出血もあったので、生理が来る前と同じ症状でしたが、この出血が出ている時(生理予定日の前日)に生理予定日当日から使える検査薬で陽性反応が出ました。

二度目の出血は着床と思われる日から数日経っていますので、それが着床出血かどうかは分かりません。

しかし、新しい出血は赤く、古い出血は茶褐色になると言いますので、着床時の出血が数日後に出てきたのかも知れません。

私が感じた着床痛 (特に一度目) は生理が来る時には感じなかった痛みなので、あれが着床痛じゃないなら何の痛みなの!?という感じです。

着床痛は医学的には根拠が無いのかも知れませんが、感じる人もいるんだと思います。

たまたまそうなったということも否定はできませんが、あれは着床する過程で起こった痛みなんだと思っています。

| | 着床について | - | - |
リンク
化粧品・通販コスメの使い心地
Copyright (C) 着床痛の症状や時期 | 妊娠超初期症状ってホントはどうなの?. All Rights Reserved.