皆さんの妊娠体験談を募集しています!
   詳細はこちらのフォームからお願いします。

排卵日検査薬とおりもの、どっちを信じる?


排卵日検査薬を使って排卵日を予測してみると、意外とおりものが伸びていない日に濃い陽性ラインが・・・

なんてことありませんか?


私は排卵日検査薬の反応と、自分のおりものの伸び具合が完全に一致する時と、そうではない時がありました。

今日はそんな排卵日検査薬とおりもの、どちらを信じるべき?を考えてみたいと思います。

その前に・・・

恐れ入りますがポチッと応援して下さると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

応援ありがとうございました^^



ご存知の方も多いかと思いますが、おりものが生卵の白身のようにトロ〜ンと伸びる時はアルカリ性です。

白っぽく、すっぱい匂いがする伸びないおりものは酸性です。

この酸性のおりものは外部から進入する雑菌を殺す役目をしていて、精子もこの酸性のおりものには弱く、この酸性のおりものに出会った精子はたくさん死んでしまいます。

逆によく伸びるアルカリ性のおりものは精子がスイスイ泳いでいける好環境なので、おりものが透明でよく伸びる時にタイミングをとることで最も妊娠しやすくなります。


排卵日検査薬は排卵直前に分泌されるホルモンを検知するもので、排卵日は特定しやすくなります。。。が、時々排卵日検査薬ではピークなのに、おりものは伸びない・・・すっぱい匂いがする・・・なんてことがあります。


例外はあるかもしれませんが、だいたい排卵日検査薬と、おりものの伸びのズレが生じる時は、よく伸びるおりものの方が早いタイミングになるのです。

例えば、伸びるおりものが出た翌日か、翌々日に、排卵日検査薬はピークを示した・・・ということです。

この場合、排卵日検査薬ではたとえ結果が陰性でもタイミングは取るべきです。

精子の寿命には個体差がありますが、排卵された時には精子が待機している状態がベストですので、早いと思ってもおりものがアルカリ性になった時点からタイミングを取ると妊娠の確率が上がります。

また、おりものを確認する時は、ショーツやペーパーに付いたものよりも、できれば直接子宮口から採取して確認した方が間違いありません。

おりものは膣の外に排出されるまでに時間がかかっていることがあるためです。


リンク
化粧品・通販コスメの使い心地
Copyright (C) 排卵日検査薬とおりもの、どっちを信じる? | 妊娠超初期症状ってホントはどうなの?. All Rights Reserved.